吹き抜ける風に乗せ

guilvani.exblog.jp

いにしえの社

玉藻稲荷神社


うちの近所の玉藻稲荷神社。
古くは源頼朝や松尾芭蕉も訪れたという由緒ある神社です。
a0130512_21311551.jpg


今から800年程前、狐の化身である「玉藻の前」は、その美貌から時の帝に寵愛されていました。
しかし帝が病の祈祷の折、陰陽師にその正体(九尾の狐)を見破られ、この地に逃れてきました。
池の畔の桜の木の陰に、蝉に姿を変え隠れていましたが、池(鏡が池)に九尾の狐の姿が
映ってしまい討たれてしまいました。
a0130512_21395758.jpg

討たれた九尾の狐の怨念は毒石となり、那須の殺生石として今も語り継がれています。

こんな伝説の地ではありますが、今はひっそりと静かな時が流れています。
私は今だにここで人に遭遇した事がありません。

そんな静かな聖地に、春が顔を出していました。
a0130512_21471484.jpg


ザゼンソウ。
お世辞にもきれいとは言えませんが、これが咲くと春はもうすぐです。
[PR]
by atsubou1970 | 2010-02-17 21:58 | 季節